外壁塗装は確定申告で住宅ローン減税の対象になります。その方法を紹介

住宅ローン控除は、新築マンションや一戸建てを取得したときが対象だということは多くの方が認識されているところですが、実は外壁塗装も住宅ローン控除の対象となります。

 

あなたが外壁塗装をローンで検討されている場合、住宅ローン控除を行うことで税金が還付される可能性がありますので、参考にしてみてくださいね。

 

 

外壁塗装を行う際の住宅ローン控除の条件

外壁塗装は数十万円から百万以上の金額が発生します。その金額を一括で支払う方は少なく、多くの方がローンで支払っている現状があります。

 

この外壁塗装をローンで支払う時に知っておくべき点が、「外壁塗装のローンは住宅ローン控除の対象になる」と言うことです。

 

外壁塗装の住宅ローン控除の対象は以下の5点です。

 

 

  • 平成26年4月1日〜平成31年6月30日までの間に住宅を取得して住み始めること
  • リフォームの工事費用の合計額が100万円以上であること
  • その年の取得合計金額が3,000万円以下であること
  • 住宅ローン(外壁塗装ローン)を10年以上借りること
  • 増改築面積が50u以上であること

順番に説明していきます。

 

住宅の取得時期が平成26年4月1日〜平成31年6月1日

住宅ローン控除は、住宅の取得時期によって適用期間が定められています。
現在は平成26(2014年)年4月1日〜平成31年(2019年)6月1日までに住宅を取得して住み始めることが条件となっております。

 

※なおこの適用期間は時期により変動する可能性がありますので、最新の情報を確認してみてくださいね。

 

工事費用が100万以上

住宅ローン控除の工事費用として、工事費用が100万円以上で、半分の金額が自己居住用部分の工事費であることも条件となっています。
自己負担金額なので、補助金や助成金を受ける場合は差し引いた金額が適用されることになります。

 

住宅ローン減税を検討されている場合、自己負担額100万円以下とならないように気をつけてくださいね。

 

本人の取得金額が3,000万円以下

住宅ローン減税を利用するためには、利用する本人の取得金額が3,000万円以下であることが定められています。

 

なお、注意していただきたい点として、本人の収入ではなく、税金などの控除を除いた額が3,000万以下となりますので、実質的には収入が3,000万以上あっても税金などで控除されて3,000万以下となることもあるので、確認してみてくださいね。

 

住宅ローンの借り入れ期間が10年以上

外壁塗装に限らず、戸建てやマンション購入時でも住宅ローン控除の条件として借り入れ期間が10年以上であることが定められています。

 

住宅ローン控除は10年間適用されるため、外壁塗装でも同様に10年以上と定められています。

 

外壁塗装の場合は住宅購入と比べて支払金額が安くなる傾向がありますので、住宅ローン控除を検討されている場合は借り入れ期間が10年以下とならないように注意してくださいね。

 

増改築面積が50u以上

住宅ローン控除は、住宅の取得または大規模なリフォームが対象となっており、外壁塗装も同様になります。

 

大規模なリフォームの定義として「増改築面積が50u以上」と定められています。
外壁塗装で50u以下の場合は住宅ローン控除の適用から外されてしまいます。

 

また、条件として床面積の半分以上が居住用スペースであることもありますので、もし自営業で店舗兼住宅の場合は居住用スペースも確認してみてくださいね。

 

外壁塗装をご検討されている場合、外壁塗装比較業者のヌリカエを検討してみませんか。
あなたにあった外壁塗装業者を無料で紹介してくれますよ♪

 

ヌリカエの公式サイトはこちら

 

ヌリカエの詳細記事はこちら